手続補正書に引く下線について

投稿日:

今回は、手続補正書に引く下線についての話です。

明細書を補正する際には、原則として補正により記載を変更した箇所に下線を引くというルールが定められています。

文中の一部を補正する時は、その原則に則って、変更箇所に下線を引けばOKです。

一方で、一段落すべてを追加・削除する補正の場合、その補正によって、段落番号の繰り上がり・繰り下がりが生じることがあります(例えば、明細書の段落番号【0004】を削除した場合、【0005】以降すべてが繰り上がります)。

その際、欄名(【】の項目)だけに下線を引く、という対応がよさそうですが、特許庁に確認したところそれはダメとのことで…。そうなると、上記の例では、【0004】以降の欄名を除いたすべての文章に下線を引くことになります。

それだと分かりづらいのでは!?と思い特許庁に聞いてみると…。

全文に下線を引いてもいいし、(意見書内で変更箇所を説明することもあり)見づらくなると思えば引かなくても問題ないという回答でした(厳密な決まりはなくどちらでも構わないようです)。

ご参考まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です