委任状-押印かサインか?

投稿日:

諸外国への特許出願時には、委任状の提出が必要となります。

その際、委任状へは押印とサインどちらが必要なのか、サイナー/押印者は会社の代表者じゃなければダメなのか…等々、悩むところです。

そこで、外国代理人に確認し、以下のとおり情報を得ました。

ご参考になれば幸いです。

 

【米国】

・委任状へはサインのみ可(※印鑑は使用不可

・サイナーは代表者もしくは知財部門の責任者どちらでもOK

 

  代表者 知財部門の責任者
サイン
押印 × ×

 

【欧州】

・委任状へはサインのみ可(※印鑑は使用不可

・サイナーは代表者もしくは知財部門の責任者どちらでもOK

 

  代表者 知財部門の責任者
サイン
押印 × ×

 

 

【韓国】

・委任状へはサインもしくは押印どちらかだけでOK(※押印の場合は、代表者印に限る

・サイナーは代表者もしくは知財部門の責任者どちらでもOK

 

  代表者 知財部門の責任者
サイン
押印 ×

 

【中国】

・委任状へはサインもしくは押印どちらかだけでOK

・サイナーは代表者もしくは知財部門の責任者どちらでもOK

 

  代表者 知財部門の責任者
サイン
押印

 

 

【台湾】

・委任状へはサインもしくは押印どちらかだけでOK(※押印の場合は、代表者印に限る

・サイナーは代表者もしくは知財部門の責任者どちらでもOK

 

  代表者 知財部門の責任者
サイン
押印 ×

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です