「特許出願中」という表示について

またまた、学生さんから次のような質問を受けました。

商品にたまに表示してある「特許出願中」というものは、どのような意味があるのでしょうか?

確かに、商品上にこのような表示をよく見かけます。

 

この質問について、二つ視点から検討してみます。

一つは法律的な視点で、もう一つはビジネス的な視点です。

まずは法律的な視点からの検討ですが、「特許出願中」という表示が直接なんらかの法律的な効果を生じさせることはありません。

しかし、その商品に関する技術について、後日特許権が発生する可能性があることの注意になります。

特許権が発生した後、他の事業者などが同様の製品を製造販売していた場合、この他の事業者の行為は特許権侵害となる可能性があります。

その他にも、補償金請求権の対象になる可能性もないとは言えません。

このように、法律的な視点からは、他者に対する注意、という意味がある、と言えるかも知れません。次にビジネス的な視点から検討します。

 

同じ製品でも、「特許技術を採用した商品」と聞くと、品質が高いもののように感じると思います。

「特許出願中」という語も、まだ出願中ではあるものの、特許技術になる可能性のある技術を採用している製品だから性能が良い、と言った良い印象をお客様に与えると思います。

 

つまりその製品の宣伝広告機能を発揮する、という意味があるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL