特許権の効力が及ぶ範囲について

学生から次のような質問をうけました。

特許権などは日本国外に及ばないのでしょう?世界各国の特許権ですが、原則として、取得した国内でのみ、効力が及びます。
日本で発生した特許権は、日本国内でのみ効力が及び他の国には及びません。
そのため、世界を相手にビジネスを行なっている方々が、一つの発明について、さまざまな国で特許権を取得するケースが多いです。

しかしながら、どんなに大きな企業であっても、使えるお金には限度があります。
そこで、限られた資金の中で、いかに効率よく特許権権を取得していくか、という点がとても重要になります。この点は、ビジネスにおける知的財産戦略の一つの大きなポイント、といってよいと思います。

例えば、製造業でしたら、
・製品を販売する国
・製品を製造する国
・競合企業がいる国
での特許権取得が考えられますね。

貴社がどの国で特許を取得するべきか、発明ごとに検討することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL